株式会社エニアグラムコーチング

電話番号
個人情報保護方針特定商取引法による表記お問い合わせ

コミュニケーションリーダーとは
人と人が接すれば必ずコミュニケーションが生じます。これは人間の社会に不可欠なツールです。 コミュニケーションリーダーとは
家庭、学校、職場、地域−どんな場所でもみなさまの周りには関係する人がいて、その人とコミュニケーションをとっています。この人との関わりあいが、私たちの「生きがい」だったり、「働きがい」だったりして、人生を素晴らしいものにしますから、コミュニケーションは私たちの人生に重要な役割を果たします。

コミュニケーションは自分の心理の反映ですから、自分の心理、本質を理解すること、つまり自己理解が重要です。昨今では「コミュニケーション能力の向上」が注目されていますが、向上策の多くは「話し方」に類するものです。真のコミュニケーション向上は自己理解から始まります。一般社団法人日本コミュニケーション協会では、自分を理解する方法として古代から存在し近代になって理論・体系化されている性格応用心理学(エニアグラム)の考えを元に自分を理解し、他者を理解することにつなげ、コミュニケーションの円滑化を進めています。

今、社会には、真の意味でコミュニケーションのできる人が必要です。
コミュニケーションリーダーとは コミュニケーションができる人は、ビジネスができます。社員との対話、営業のシーンやプレゼンなど、あらゆる場面で役立つ存在になるはずです。就職活動の面接、アルバイトでの接客でも、地域コミュニティの会合でも、適確に行動ができて、人から信頼を受け、そして、何より人と接することが楽しくなります。

エニアグラムを知り、自己理解と他者理解を深めることは、コミュニケーションを自分のものとし、人を好きになることでもあり、素晴らしい人生につながります。

私たちは、自己理解ができる「コミュニケーションリーダー」になっていただき、あらゆる場面で活躍できる人になっていただきたいと考えております。

それは、社会のため、と同時にみなさまの素晴らしい人生のために、あらゆる人とのシーンで対応できる自分になるために、コミュニケーションのストレスから解放されるために、是非、コミュニケーションリーダーになっていただくことを、心よりお願い申し上げます。
エニアグラムとは
エニアグラムとは エニアグラムは、人間の人格特性が、生まれながらにして9つのタイプに分けられるという医学的、心理学的な研究成果によって支えられています。タイプは3つの脳内化学物質ノルエピネフリン、セロトニン、ドーパミンの活性の高低によって決定しています。
さらにタイプは人間の気質、個性、行動、価値観、生き方に大きな関係があることがEric S. Schulze, MD, Ph.D., Tina Thomas, RN, DCSW らによって科学的に解明されています。
もともとエニアグラムの起源は約1万年前のエジプトにあると言われていますが、現在のエニアグラムは、米国スタンフォード大学の医学者、心理学者らによって研究、整理され、理論化、体系化されたものです。スタンフォード大学MBAコースに採用されたのを始め、CIA、モトローラ、ディズニー、ヒューレットパッカードなど大手企業が既に導入しています。
日本国内ではソニーがリーダー研修として、また財務省、法務省、人事院でもプログラムが採用されています。
またさらにエニアグラムには、健全度という指標があり、人格の成長の段階を示しています。これも9段階に分かれています。エニアグラムを学ぶことで、自分がどのような気質(人格特性・自我の基盤)を持って生れたかの知識理解ばかりではなく、人格的成長の進むべき方向と健全度の高い、あるべき成長の姿が理解できます。さらには各性格タイプが持つ根源的怖れを解放させ、全ての人間に与えられている豊かな本質が持つ力を引き出します。エニアグラムとは、成熟し、優れた人格の大人へと成長させる手助けとなるものです。